めもにっき。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下呂温泉に行ってきました!
2010年 03月 23日 (火) 20:20 | 編集
ふふふ、三連休に同期の友達と一緒に下呂温泉に行ってきましたー!わー、飛騨高山!!さるぼぼいっぱい!!!
貸切岩風呂とかも入れてとっても幸せ、足湯めぐりとか、高山の町散策でラーメン食べたりみたらし団子食べたりミニタイ焼き食べたり…でへへ満喫しました。
デジカメで撮った画像の9割が何か食べてるって何だ。
n100323.jpg
ネギラーメン、うまうまでした!


ではレスです。

>赤月さん
お久しぶりです、こんにちはー!!
グレンラガンへの熱い想い、しっかり受け取りましたよ兄弟!!グレンラガンの熱い血潮に滾ったものはみなグレン団だと私は信じております。グレンラガンのすごいところは、かなりむちゃくちゃ言ってるし展開的にもゴリ押しなのに、なのに、いつの間にか一緒に叫び泣き、拳を固く握りしめている……という具合に作品の中に問答無用で人を取り込んでしまうところだと思うのです。何度見ても、何度聞いても、アニキに励まされる自分がいて、シモンに勝ってと叫ぶ自分がいるなぁと感じます。理屈じゃなくて魂にドカンときますよね、とんでもないパワーが詰まって溢れまくってる。もうこんなの愛することしかできませんよ、愛しすぎですよね!!螺巌篇では何がそんなに悲しいのか、私も泣きまくっていました。総集編だなんて信じられませんよね、何かもう総集編という言葉を間違えて作ってしまったのではないかと(笑)思わせるぐらいの作りこみ、展開、演出には脱帽の限りです。個人的には私も赤月さん説の「シモンはアニキを超えた」を押したいところです(笑)といいますのは、グレンラガンは螺旋の物語。後から続くものが先に出たものを追い越して追い越してどんどん未来を掘り進んでいくものだと信じたいからです。でも追い越した本人にはいつまでも「先に倒れて行った人」の背中を追いかけて欲しいです。きっとシモンはずっとアニキが信じた自分を、自分が信じる自分を、ニアが愛してくれた自分を見失わないように、遠くに輝く星を目指すように生きていくのだと思いたいです。
………ぐはっ、すいません長々と恥ずかしく語ってしまいました。うえええ、グレン同志に会えることがまれですのでとても嬉しくてですね!ごめんなさあい!!赤月さんとこの胸にあるグレン魂を共有できて本当にうれしいです、私もとっても元気をいただきました、本当に本当にありがとうございます!!!
これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
日記 | - | - |
copyright (C) めもにっき。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。